ピーチで手荷物を持ち込みたいんだけど、国際線と国内線では規定は違うの?

機内で快適に過ごす為に、自分が使う物や飲みたいドリンクは出来るだけ持ち込みしたいですよね。しかし、普通の飛行機だと、機内の持ち込みには厳しい規定があるのが普通です。

LCCの中でも特に人気が高いピーチでは、国内線と国際線、どんな持ち込み規定があるのでしょうか?気になるピーチで持ち込める手荷物について、ご紹介します。

国内線はドリンクの持ち込みもOK!比較的持ち込み規制が緩いのが特徴

まず、国内線で持ち込める手荷物ですが、サイズや数は厳しく決まっています。それは、リュックやバッグなどの標準的な手荷物一つと、お土産が入った紙袋やポーチ・ハンドバッグなどが一つの合計二つ、重さは併せて10kgまでの規定です。

そして、その手荷物の大きさも3辺の合計が115cm以内と限定されています。重さが10kgを超えたもの、手荷物が2個以上になった場合は受託手荷物として別にお金を支払う必要があるので、注意してくださいね。

その他に持ち込めるものですが、国内線はドリンク類の持ち込みはOKです。お茶や水は勿論の事、アルコール類も度数が24%~70%以下で5ℓまでなら持ち込みできます。ピーチはドリンク類は有料サービスになっているので、機内でドリンクを飲みたい人は自分で持ち込みましょう。

また、マッチ・ライターは一人一つまでなら持ち込み可ですが、電子タバコ・無煙タバコは機内で吸う事は出来ません。ハサミも先が尖ってないもの限定なので、化粧ポーチに入れてる人は形状に気を付けてくださいね。

国際線も持ち込める規定サイズは同じ!しかしその他は厳しい制限あり

国際線の場合ですが、持ち込める手荷物の規定サイズは国内線と全く同じです。つまり、標準的な手荷物+ポーチ・ハンドバッグ類の二つ、そのサイズは3辺の合計が115cm以内で重さは10kg以内、という事ですね。

国際線の場合、他の規定が国内線と違ってきます。まず、ドリンク類ですが、基本的に100mlを超える液体物は持ち込む不可になっています。液体物を機内に持ち込みたい場合は、100ml以下の容器に移し替えて、その容器を容量1リットル以下のジッパー付き透明プラスチック袋に密閉する必要があります。

容器が100ml以上、プラスチック袋が透明じゃない等だと持ち込みできず、受託手荷物として預けるしかないので注意してくださいね。また、国内線では限定条件で飲み持ち込み可だったライターやハサミ類ですが、国際線では訪れる国によっては持ち込みできません。

ポーチや手荷物にハサミやライターを入れてる人は、乗る前に手荷物から外しておきましょう。どうしても持ち込める手荷物が心配な人は、バリューピーチやプライムピーチのプランを利用するのがオススメです。上記二つなら、受託手荷物一つ分が無料になるので荷物が増えても安心ですよ。

空港に向かう前に手荷物チェックを忘れずに!

ピーチは航空券がとても安い分、持ち込める手荷物の規定が厳しいのが特徴です。空港についた後に規定以上の手荷物量だと気づき、無駄に受託手荷物の料金を支払うのは勿体ないですよね。そんな事にならないように、ピーチに乗る前は規定に合わせた手荷物を事前に準備しましょう。

ピーチ 国内 予約

Similar Posts:

格安航空券 なぜ安いTOP